OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
またやってしまった。グスン。

DSCN0453.JPG

え〜〜〜と、これは何かっていうと〜〜〜、

元奴隷兼弟子、今木楽亭の営業担当兼得意先(もうからんけど)のK君から

預かったケヤキの1枚板の平面出しをしているところです。

 

元々弊工房奥の和室にあった座卓なんですが、改装の時邪魔なので捨てようと

思っていたら、K君が欲しいっていうんで持ち帰らせておいたものです。

BEDを納品に行ったとき、脚を取り外され、変な形にカットされて庭の片隅に

放置されており、盛大にお椀反りした姿になっていました。

「この反り、どうやったら直りますかねえ?」って言うんで、

「直す方法はあるけど君には無理。道具は貸すし、やり方は教えるから

 暇なときに工房に来て自分でやんな。」

ってことで、持ち帰っておいたんですが、いつまでたっても音沙汰無しなんで、

嫌々始めたって訳です。

厚みは80mm位あって、反りを修正しても60mm弱には上がるだろうと見当をつけて、

先ずは乱暴に手持ちの電気カンナで横摺り・斜め摺り。

粗々平面が出たところで裏面の鉋掛けに掛かった処です。

 

裏面の平面出しが8割方終わったところで暫く時間を置きます。

というか、鉋掛けでへばってしまって、暫くこいつの顔は見たくありません。

 

材の動きが無いようなら裏面を仕上げて、表側をルーターで厚みを決めながら平面出し。

最後に表の仕上げ鉋を掛けて終了ですが、多分全部私がやることになるでしょう。

まんまとはめられた気がしなくもないです。

 

あ、今日の本題はこれ。

 

DSCN0458.JPG

杢のカエデの長皿。 表は拭き漆、裏は漆に錫を蒔きます。

このサイズが2枚と、少し短めが1枚で始めて、拭き漆14回目まで

進んで来ました。

「お〜〜、なかなかいい艶が出てきたなあ。あと10日ほどで

 裏に掛かれるなあ。」

と思いながら、ムロの水溜め用のバットにやかんで水を張っていました。

ふとした拍子にこいつを置いていた渡し板が動いて落ちそうになったので、

素早くキャッチし、落下はまぬかれたのですが、翌日こうなってました。

 

DSCN0459.JPG

 

中央部にこういう傷跡がクッキリ。多分やかんの口の部分が当たったんだと

思います。

修復不能!!ここまでの漆は全て剥がして、一からやり直しです。

完成まで事故無く進んだことが無いんだから。まったくもう〜〜〜〜〜。

は〜〜〜〜〜〜。

 

 

 

 

【2017.03.26 Sunday 21:57】 author : OYA-G | | comments(4) | trackbacks(0) | -
才能無しと認める。奮励努力せよ。

DSCN0394.JPG

 

去年の3月から漆教室に通い始め、4月に木地を作った「銘々皿」がやっと

完成しました。

作った木地は6枚。今回完成したのは4枚です。

残り2枚はまだ途中工程で手こずっています。

 

漆がこんなに難しいとは想像していませんでした。

一体何度やり直したか覚えていません。

 

布着せーー地錆+研ぎ3回ーー錆3回+研ぎ3回ーー拭き漆--黒漆+研ぎ5回

ーー伊勢早2回--胴摺り--伊勢早2回--蠟色磨き

っていうのが師匠が指定した標準手順なんですが、

 

黒漆の塗り厚が足りないのでゴミが沈んでくれないーーそのせいで研ぎを強くしないと

平面が出ないーー強く研ぎすぎて前に塗った面まで研ぎ破ってしまう

 

角の部分を研ぐと、研ぐ力が強く掛かりすぎて地錆部分まで研ぎ破ってしまう

 

厚塗りしすぎてしまって表面に梨地様の皺が出来てしまう(最悪なんです、これ)

 

伊勢早が乾燥しすぎて、蠟色磨きしても艶が出ない

 

エトセトラ・エトセトラで、泣きながらやり直しを重ねて今日まで来ました。

 

8か月で何とか完成したのがたったの4枚です。

その4枚も、正確に言うと不合格品。

もし¥1500/枚で売るとしたら、たぶん誰も買わないと思います。

いや、恥ずかしくて人様に売る事なんてできませんってレベルなんです。

 

多分初期工程の正確さが足りないんだと思います。その時の気象条件に合った漆の粘度

と乾燥条件の選定も経験不足です。

塗りの時の刷毛の使い方もダメ。研ぎの力加減も大きな課題です。

 

「ここまで艶に拘った人はあなたが初めてです。1年もしたら私を追い越すと思います

から、落ち込まずに続けてください。」って、師匠は励ましてくれるんですが・・・・。

 

DSCN0393.JPG

 

4枚は2対になっています。

1枚は左上がりの銀の蒔絵、対になるのは右上がりの金蒔絵です。

 

DSCN0395.JPG

 

金蒔絵の方はこんな感じ。

 

DSCN0392.JPG

 

銀の方はこんな感じです。

 

馬鹿高い「大間のマグロ」の大トロ1貫を乗せて食べたいものです。

 

もう、漆はやめようかな・・・・・

いやいや、このままやめたら、負け犬だもんね。あと50年生きるとしたら、

そのうち何とかなると思って精進します。

 

                   ごきげんよう。

【2017.02.08 Wednesday 20:13】 author : OYA-G | | comments(4) | trackbacks(0) | -
ベッド納品!!漆道具

DSCN0296.JPG

 

ベッド3台の受注の内、シングル2台を納品設置してきました。

ベッドの片側に転落防止柵を付けてあげました。

施主様の命令で、「娘は二人とも寝相が悪いので、必須です。転落防止柵を

付けるように、えへん!。」とのことなので、仕方なく・・・・・。

 

壁際に置くんだろうと勝手に思い込んで片側だけにしましたが、窓の多い部屋で

壁際には置けません。

転落防止柵なんて、病院のベッドみたいで嫌だなあと思いましたが、施主様の

命令とあれば否やはありませぬ。

 

 

で、当面はこういう風に使って貰うことにしました。

 

DSCN0295.JPG

 

14畳の部屋なので、将来真ん中に壁を設置して2部屋に分割するって事なので、

良かったかも。

まあ、その頃にはこういう無粋なものは要らなくなってるんだろうけれども。

 

そういう時のために、柵の受けは幕板外側に付けてあります。ちょっとしたテクニック

は要るけど、こいつを外してネジ穴を埋めれば普通のベッドになります。

何時の事かはわからんけれども、結婚する(2人とも女の子です)まで使ってくれたら

嬉しいな。

 

残すはダブルベッド1台です。 早めに納品できるよう頑張ります。

 

で、今日の本題です。

 

DSCN0293.JPG

 

これは何でしょう? 

 

いずれも漆道具です。

大きい方は「漉し馬」って言って、漆のゴミを漉し取る装置です。

ネットであれこれ見てこういう形に落ち着きました。

一番上の横棒が付いている物は無かったんですが、私としては必須と思います。

左右のハンドルで締めこんで行ったとき、柱にはかなり強烈な力が掛かるので、

長期の使用で内側に傾いてくると思えるからです。

もう一つは台の扱い。 持ち運びに便利でしょ。

持ちやすいように中央部を軽く絞っておきました(本当は不必要)。

 

絞り棒を差し込む穴を2階建てにしたのも私の工夫です。

絞った漆を受ける皿の深さに対応できるようにって思い入れです。

まあ、あまり意味は無いと思うんですが、こういう事を考えているときが

一番楽しいんだから仕方ありません。

 

右の小さいのは、漆を塗るときの持ち手です。 ゴム製の吸引機みたいなのが

あるのは分かってるんですが、折角だから木で作ってみました。

四角い処の隅4か所に2センチ角ぐらいの両面テープを張って、ワークを固定します。

剥がしやすいように、表面にアクリルの板を張り付けてあります。

 

以上2点は師匠に絶賛されました。

「さすがですねえ、木工の人は工夫が違いますねえ。私らは昔からある道具を

なぞってるだけで、こういう事は考えたことも無いです。」

とおっしゃるんですが、「所詮塗りが命じゃからなあ」という声も聞こえてきそう

な表情でした。

 

【2016.09.13 Tuesday 20:16】 author : OYA-G | | comments(4) | trackbacks(0) | -
漆修行=その後

DSCN0281.JPG

漆教室に通い始めて半年になりますが、最初の拭き漆の教材に選んだ

栗杢の角皿がようやく完成しました。

最後の仕上げの段階で、途中工程でのミスが発覚し、2度やり直して

何とか完成しました。

家具の塗装と一緒で、木地づくりと、塗装工程での手抜きや不注意が

最後まで尾を引きますね。

 

DSCN0282.JPG

こっちは2枚目。これは不合格。

エンジュの材ですが、木地段階では順目側と逆目側で光の反射が違うのが

面白いと思たのですが、漆を吸うと面白みに欠ける結果となりました。

練習と思って最後までやりましたが、ゴミ箱行きかなあ・・・。

 

DSCN0279.JPG

右上が3枚目の角皿。拭き漆の一応の完成形とすべく生地作りから慎重を期しましたが、

思わぬ障害に遭遇して難航しました。

材は国産のカエデの泡杢の板なんですが、最初の下地漆を塗った段階で、杢周辺の導管

が異様に吸い込みが激しく、杢が消えてブチハイエナの模様みたいになってしまいました。

全体にも黒ずんで、全く駄目だったのです。

師匠と相談の上、全て削り落として一からやり直し。

最初の下地漆から3回目までは仕上げ用の「伊勢早」を使ってみました。

クーラーを最強にして室温を20度まで下げ、乾燥を遅らせてみましたが、

結果はセーフ。 物になりそうで安心しました。

4回目以降は元の下地漆(中国産)に戻して、今6回目が終わったところですが、

色は黒ずんで来ません。泡杢もちゃんと残っています。

下段の黒いのは銘々皿。

下地固めをしてから布着せ・地錆漆3回・地固めの拭き漆・錆漆3回・拭き漆と

進んで、黒漆の1回目まで進んで来ました。

 

DSCN0280.JPG

こっちは麻雀のチップ入れ。さっきと同じ工程ですが、こっちは錆漆1回目まで。

思っていたより煩雑な作業で、朝晩の片手間仕事ではなかなか前に進みません。

従って技量も上がって行かないのがもどかしいです。

 

DSCN0278.JPG

漆の腕は上がりませんが、こっちの方はだいぶ上手になりました。

今までに作ったヘラ。25本ありますが、1本作るのに要する時間は10分足らず。

大量に作ってネット通販でもするかなあ。

あ、手元側に色が塗ってあるのは、標準に比べて堅目のものと、柔らかめの物を

識別するための目印です。

 

DSCN0269.JPG

これ、なんだかわかりますか?

ひげクジラの、ひげの根元の部分です。

DSCN0270.JPG

へら状にカットして砥石で研いでやります。

最初は1000番で鎬を付け、この後2000番で刃を付けます。カルシウムの塊なんで、

白い研ぎ汁が出ます。

 

DSCN0272.JPG

完成です。 15センチで大小2本。鎬角35度ぐらいで片刃仕立てにしました。

端っこにはみ出た余分な漆をこそげ落とすのに使います。

材料はあと2本分ありますが、残りは師匠の評価を聞いてからです。

 

次の半年ではもう少し進歩したいものです。

 

 

 

【2016.08.21 Sunday 07:18】 author : OYA-G | | comments(2) | trackbacks(0) | -
漆教室その後
3月から通い始めた漆教室ですが、その後の状況を報告します。

先ずは最初に取り掛かった栗杢材の角皿。
DSCN0214.JPG

目標の20回完了です。 5回目以降は目に見えた変化は感じられなかったのですが、
師匠は「うん、よくできています。私は良いと思いますがねえ。」という評価。

例によって慌て者のワタクシは、生地段階での見落としが幾つかあって、恥ずかしい
仕上がりになってしまいましたが、「拭き漆」の方法論の初期段階はクリアできたようです。

実はこれは完成ではなく、この後「胴摺り」、「伊勢漆3回」、「呂色磨き」まで
進んで完成なんだそうです。

「岡山の百貨店で伝統工芸展中国市部展をやってますから、見てきてください。
 拭き漆の作品が幾つか出品されていますから、どれくらいの仕上げの状態が
 自分の好みか見てくると良いでしょう。」

と指示命令されたので、昨日行ってきました。 どの程度が私好みか解ったので、
次の教室で師匠に報告します。

DSCN0217.JPG

刷毛の仕立てがなかなか捗りません。 布着せのあと黒漆を塗り重ねて、凹凸を均した
段階です。
この上に生漆を塗っていきます。
刷毛先の養生は途中段階です。 あと1週間ってとこでしょうか。

DSCN0215.JPG

拭き漆の次は「螺鈿」に進みたかったので、その前段階の色漆の塗りの教材を作りました。
拭き漆で盛り皿を作っているので、銘々皿を作ってみました。
「銘々皿ですが、黒は嫌です。群青に近い深いブルーにしたいです。螺鈿に進む前の
 練習ですから、色漆の塗りと仕上げを教えてください。単なる色漆じゃあつまらないんで、
 最後に銀色の砂を撒いてみたいです。」
「う〜〜ん、食べ物に使うんだから、やはり黒にしてください。砂はやりながら追々
考えましょう。難しい事を言うなあ。」
「この場合強度的には全く問題ないんで、本当は不必要ですが、あなたの場合本堅地で
 やってみましょう。小箱なんかの場合必須の技法ですから、勉強のつもりでやってください。」

という訳で、布着せして磨き工程の途中です。 黒っぽい方が麻布を白玉粉のりと生漆で貼り付けた
もの。 茶色っぽいのが表面を研いだものです。

DSCN0216.JPG
研ぎに使うのは「エビ印」の荒砥。 金鋸で小さくカットして使います。
師匠によると、この砥石以外はダメだそうです。
次回教室までに6枚全部を研ぎあげて次の工程を教わります。

「しかし、あなたは漆に強いようですね。 漆の扱いに恐れが無いんで、必ずかぶれると
思っていましたが、全くその気配が無いのでびっくりしました。
本堅地はある程度かぶれを経験して耐性ができてからしか教えないんですが、これなら
大丈夫でしょう。」
と言われて、嘗めていました。

DSCN0219.JPG

暑さが常態化した10日ほど前、半袖のポロシャツに衣替えした晩の漆作業で
不用意に(いつもの事ですが)漆掛けした直後の皿に手をついてしまいました。
前に同じことをした時にはなんでもなかったんですが、今回はこういう事に
なってしまいました。
「なめてはだめです。ま、かぶれとしては超の付く軽度ですから我慢してください。
 何事も経験です。」

                  了解いたしました。反省します!!

 
【2016.05.28 Saturday 20:15】 author : OYA-G | | comments(2) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP