OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
ようやくできました

苦節8か月、ようやく基本の六つ目編みの花籠が出来た様です。

DSCN0629.JPG

編み方を覚えながら都合12個目でようやく合格点に到達です。

「粗製乱造は駄目。」

「私の言ったとおりに、素直にやらなければ上達しません。」

って言うだけで、どこがどう悪くて、どうやって直せばいいのかについては

全く触れないのです。

自分でも、どことなく締まった感じがしないのはわかっていました。

DSCN0630.JPG

先日ようやくどこが悪いのかについてご教示頂きました。

矢印の部分、底を編み終わって1本目の廻しひごを、上から見たところ

ですが、この部分が外向きに開いています。

1本目の廻しひごを入れながら、底から側面に向かって全体を起こして行く

んですが、廻しひごが起こした面にぴったり沿っていないと全体の形が

決まらないっていうんです。

「ちゃんと下腹に抑え込んで、左手でひごが緩まない様にするって

 何度も言ったでしょ。」

あ、そら何度も聞きましたけどね、その時の力加減についちゃあ何にも

聞いとらんもんね。

廻しひごが緩んじゃダメって聞いてりゃあ、最初からそうしてましたよ。

DSCN0631.JPG

ほらね、こうやりゃあ良いんでしょ。

今までのは全て解いて、割れたひごを没にして編み直しましたって

いうのが最初の写真です。

あとはこれに持ち手を付けて完成ですが、

それにしてもここまで7か月は長すぎます。

よく考えれば、その間にひごとの付き合い方が上手になってくるのを

待ってくれていたとも考えられるんですが、

まえにも愚痴ったように、教えるべきポイントがわかってないんじゃあ

ないだろうか?

こういう人と付き合ってると、持病の短気の虫が騒ぎ出しそうで怖いです。

【2018.02.24 Saturday 15:12】 author : OYA-G | 竹工芸 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP