OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 製材所??? | main | 先週の続き >>
は〜〜〜、またやっちゃった
 

昨日の日曜日、夕方4時過ぎの私の右手です。親指の第一関節の腹側を
怪我してしまいました。 握りしめた拳が悔しさを良く表現しています。

何でこうなったかは、話したくないのですが、カテゴリーに「事故報告」を作って、
事故については隠さず報告し、余人の役に立てるというコンセプトがある以上、
正直に告白せざるをえません。

そもそも、先週末は久しぶりに野暮用が入らず、秘密基地に入り浸って過ごせた
んです。 おかげで作業はすいすい捗って、とっても気持ちの良い日曜日の
午後を迎えました。

押し入れ整理棚の側板2枚を組み立て、acanthogobiusさんのご指摘どおり
扉を嵌める上框の溝を深く切り直しておいて、整理棚は中断。 何故かというと
長手側も組上げてしまうと、その辺に放置すれば邪魔になります。
さりとて、押し入れの中の所定位置に入れるためには、押し入れの中にある
あれやこれやを引っ張り出し、再度整理棚に入れ直さなければなりません。
それでは整理棚はほぼ完成したことになり、今回の「5作品同時進行」という
勝手に作ったテーマに反する事になってしまいます。

本当は、片付けなんかする時間があったら、切ったり削ったりという木工らしい??
作業をしていたかっただけなんですけど。



これは前回とんでもない失敗をして、足元灯の台に格下げされたパソコン台
のリベンジ用の材料。両面の鉋掛けも終わっており、後は接合部を留めに切って
接合し、塗装するだけです。材はメイプル。
テーブルソーには縦引きの刃が付いており、留めの加工は次回に持ち越しです。



こっちはDVD機器の置き場になるチェストの部材です。 天板、引き出しの前板、
側板、背板、幕板、脚等の主要部材が勢揃いです。同じく全てメイプル。

実は事故の遠因はここにありました。 誰とは言いませんが、滋賀県の方の
木工人が先週完成されたチェストが、私が考えていた形とそっくりさんだったのです。
ごくオーソドックスなスタイルなので当然といえば当然なのですが、同じような
時期に同じデザインのものを作るのはちょっと・・・・と思ったのが運の尽き。
ちょっとだけデザインを変えようと思ってしまったのです。



しなベニアに緩いカーブの脚の形を描いて、糸鋸で大まかにカット。上端55ミリ、
下端28mmにします。 カーブの仕上げは反りガンナです。 この手のカーブなら
ベルトサンダーよりこいつの方が正確にいくようです。 何より削りすぎてパーという
事がありません。



で、バンドソーの刃を3mmに付け替えて脚を大まかにカット。 この後さっきの
型板を使ってルーターで墨線どうりにカットしてあげます。 脚の外側を微妙な
カーブにし、見た目の印象を変えようという作戦です。

それにしても脚は3本しかありません。

そうなんです。3本目の脚の挽き終りに、一緒に自分の親指も挽いてしまったのです。
キズの深さは約3mm、長さは1センチ強。 アサリが大きいせいでぱっくり口を
開いてました・・・怖くてよく見ていませんが・・・・。
少し太めの血管を切ったらしく、血が沢山出て閉口しました。

すぐ近所に外科医院があって、救急外来もやっていたのですが、医者には
行きませんでした。

2日間軽快に作業が進み、この脚のカットが済んだら右側にチョコット写っている
背板や側板の材料を自動に掛けて今日の作業は終了。
「いやーはかどったなあ、帰ってちょっとだけ飲んでからマッサージに行ってこよう、
フフフン。」なんて鼻歌交じりで脚を押していました。

切り終わりに親指がちくっとしたような・・・何で押し棒を持っていないの???
理由なんかわかりません。 意識して持たなかった訳でもないのです。
身体は押し棒を持ったつもりで動いていたようです。
前2本はちゃんと押し棒をもっていました。??????

理由はわかりません。わかりませんが、それでは余人への警告にはなりません。
強いて理由を挙げれば、バンドソーの一見安全そうな雰囲気に嵌められたんだと
思います。 よほどの事が無ければ怪我はしないという、理由のない奢りがあった
と思います。

怪我自体はそれほど深刻なものではないのですが、ちょっとショックでした。

この週末にはゴルフもあるのに・・・・。









【2009.10.26 Monday 10:35】 author : OYA-G | 事故報告 | comments(13) | trackbacks(0) | -
コメント
ryuuseiさん、有難うございます。怪我自体は大したことは無かったのですが、比較的安全と思っていたバンドソーでやったのはショックでした。
ゴルフはやりますよ。右手親指の腹側なので、
傷口さえ塞がってしまえば支障ありませんから。キャリアハイを記録したラウンドのうち、1度は左足親指の爪を半分剥がした翌日、もう1度は左手人差し指の腹を電気鉋で削いで4週間目、クラブを振るとキズがズキズキしている時で、このラウンドが過去の最高記録です。
今週末も密かに好スコアを期待してるんです。
【2009/10/28 9:41 AM】 OYA-G |
野人さん、まことにもって面目ありません。今回のは油断というしかありません。全く無意識にやったということは、老人性のボケ?
まあ、私が安全にうるさいのは、自分に怪我が多いからなのですが・・・・。
【2009/10/28 9:33 AM】 OYA-G |
ケガ・・・大変でしたね、

僕もバンドソーは安全だと思っています。だから油断が生まれますね。

ゴルフ・・・残念ですね。

早く直る事を祈ってます。
【2009/10/28 2:21 AM】 ryuusei |
私に注意をされたOYA−Gさんが???
最近思うのですが、やはり「疲れている・集中力の欠如・気分がのらない」こういうときは危険を伴う電動工具は使うべきでないと!!
私が自然木の部材・薪の部材等でお世話になっているT林業の社長の息子さんも最近、山で倒木をした木の枝払いを鉈でしているとき、気の緩みで大腿部を大きくカット⇒大量の出血で即入院となったようです。
お互いに安全第一で!!
【2009/10/27 9:18 PM】 顔黒の野人 |
松本さん、ほんと馬鹿ですよね。いっそ昔の国鉄(古いね〜)みたいに、指さし・声だし確認でもしようかな。他人が見たらびっくりすることでしょうね。
仰るとおり一見安全そうなので馬鹿にしていたと思います。緊張感が無く、ひょいひょい作業してました。うなだれてしまいます。
【2009/10/27 5:28 PM】 OYA-G |
あれー、名前が抜けてる↑
【2009/10/27 11:23 AM】 松本 |
こんにちは、なんと言えば良いでしょう。
どうでも良いですか、forestさんが左ヒンジじゃなかったっけ。

でも、びっくりしました。一番安全な木工機械であるバンドソーでやるとは思いもしなかったです。その辺りにおごりがあったのかもしれませんね。
私も十分注意します。特に挽き終わりでね。

バンドソーの場合は、材料が薄くて背が高いですから、押し棒では難しいですよね。大きな木工機械は送材用にモータで駆動されたロールが付いていますので、手を入れなくても良いようになっていますが、小さな一般のバンドソーはその辺りが確かに厳しいですね。

思い出してみると、私もacanthogobiusさんと同じく、最後は後ろ側から引っ張っている様に思えます。
いずれにしても、良い経験をしたと思えば、次につながりますね。企業なら歯止め(絶対二度とならない対策)が絶対条件です。
【2009/10/27 11:22 AM】 |
forestさん、どういたしまして。ちょっと話しのわかりを良くする為に引き合いに出しただけです。気にしないで下さいな。さっき新幹線のトイレで揺れたので、思わず手すりを掴んでしまい、痛いです。週末までには肉が盛ってくるといいのですが・・・。
【2009/10/27 9:13 AM】 OYA-G |
何やら遠因のもとになったようで心苦しい限りです。ヒンジを左側につけてもらえばそれだけでそっくりさんにはならずに済んだのに・・・。

私も過去にバンドソーでちょっと無理、というか近道作業をして、人差し指の爪に細長い穴を開けた事があり^^;、バンドソーは確かに安全そうな顔をしていますが、やっぱり電動の機械なのだなと思いました。
【2009/10/27 12:59 AM】 forest |
は〜いきすべ〜さん、そうなんですよ。ゴルフと木工は両立し難いんです。どちらもギンギンにのめりこまないと駄目な種目ですからね
時間もかかりますから。。

ご心配かけて申し訳ないのですが、プーリーの径には関係ないんじゃないかと・・・。要するに自分の肉体を持っていく奴が悪いのであって。でも、このコメントは山の神様もご覧になっているようなので、来月買ってくれるかも??

さっき包帯を替えるのに傷口を見ましたが、1mmぐらいまで肉が盛っていました。親指の先っぽはまだしびれていて使い物になりませんが、週末のゴルフは何とかこなせそうです。

手や足に怪我をしているときにキャリアハイを更新していますので楽しみです。

では、おやすみなしませ。
【2009/10/26 11:12 PM】 OYA-G |
ハイ(^-^)/ こんばんは〜

やっちまったですね・・・
ヒヤリハットって言います。
いろいろと木取りの写真はバンドソーで引き割ったり・・・おお順調って感じですが・・・
レクソンで良かったですネ?
マキタやリョウビの大きなバンドソーでは指とんでるかも?なので、緊張します・・・
なので・・・せめてもう少し大きな・・・14インチで・・・緊張して挽き割るとか・・・  (ー) フフ
ゴルフの話しがちらほらと出てイマスので・・・だんだんと、もっと木工が減りそうですね・・・

ま、ぼちぼちいきましょう・・・デハデハ!
【2009/10/26 7:16 PM】 きすべ〜♪ |
そうですね。ちょこちょこ車を当てたりする奴が大きな事故に遭遇する確率は高いようですね。私の場合は、子供の頃から怪我が多く、なーに痛いのはキズが治るまでの事よ、という感覚があるのがいけないんだと思います。指か腕を無くさないように、日頃から小さな怪我をしないように気をつけます。

3枚目写真の板の挽き割りでは、奧側に回り込んで引っ張ってましたが、脚の断面は36*55と大きいのでその辺の端材で最後を押してました。何で端材を持ってなかったのかは今もってわかりません。わかっても後の祭りですが。
【2009/10/26 2:41 PM】 OYA-G |
名前は忘れましたが事故には、何とかの
法則があって何回かヒヤットとすることが
あると1回小さな事故があり、何回か小さな
事故があると、1回大きな事故があるそうです。
ヒヤットとすることや、小さな事故を減らす
ようにお願いします。
大きな事故にならないように。

私はバンドソーでは押し棒を使うことは
ありませんが、細い物を挽く時は最後は
ブレードの後ろから引っ張るようにして
います。ブレードの前に指が行かない
ように。

お大事に!
【2009/10/26 1:30 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/185
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP