OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 黒猫登場 | main | 勝手な印象記:リンク先の皆さん >>
またやってしまった

8月下旬撮影。今回の事故の痕跡は、テープを貼った部分ではなく、その右上
穴の開いた部分です。

木工は、機械や刃物を使うので、怪我や事故が起きやすい作業です。
皆さん口を揃えて、安全性への配慮の重要性を仰っておられます。

これは何度目かの事故の痕跡です。自戒を込めてUPします。

私はどちらかというと恐がりの部類に属すると思います。いえ、自分で思って
います。この写真は機械室中央から、テーブルソー越しに窓を撮っていますが、
機械室の電源は、入り口に配電盤を設置して、刃物の交換や点検・整備時、
退室時には必ず落とすようにしています。

でも、事故や怪我が多いんです。 これは、せっかちで乱雑な、子供の頃からの
性格のせいだと思います。
ノミを半日も使うと、必ずバンドエイドのお世話になります。 大きな怪我はしない
のですが、ノミの先がふとした弾みでどこかに触ってしまうんだと思います。
材に付いた血を見て気づくことが多いです。

この穴は、整理棚2号の脚部分に、埃よけのベニアを嵌め込むための溝加工
をしていて空けた物です。

鋸刃の右側にフェンスを置き、右から6mm控えた位置に幅6mm、深さ5mmの
溝を切っていました。
材は32mm厚なので、付属の押さえ具で上から押さえ、そのまま向こう側に
押し切っていたのですが、このときは少しだけ手を離すタイミングが早かった
様です。
あれ、鋸刃に材が掛ってるなあ、と気づいた瞬間、脚材が動き出し、最後は
可成りなスピードでガラスに激突、この穴が開いてしまいました。

幸い身体は左側に寄せていましたので、怪我はありませんでしたが、ひやり
としました。
午前中で、窓の向こう側の隣家の庭で若奥さんが洗濯物を干していた様ですが、
びっくりしたような顔をされていました。
何かやらかすと、その時は気をつけなければ、と思うのですが、暫くするとまた
やってしまうんです。

それにしても、窓ガラスのテープ、何だと思います? 私が借りたとき、この家の
1枚ガラスのガラスドアは、全て大きなヒビが入っていました。 ワイア入りの
ガラスなので、割れ落ちてはいませんが、4カ所全てです。前の住人が故意に
やったとしか考えられません。 鬱屈した生活をしていたのかなあ、と暗い気分に
なってしまいます。

事故報告は、大きな奴があるんですが、今のところUPする気になりません。
思い出すたびに嫌というか、自分の迂闊さにあきれて、後悔してしまうからです。
もう少しお待ち下さい。心の傷をごまかせるようになったらUPします。
【2008.10.14 Tuesday 15:18】 author : OYA-G | 事故報告 | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
こんばんは、
リンクのRSSが見つかりません。もしくはURLを教えてください。それを使います。
【2008/10/15 10:29 PM】 松本 |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP