OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 天候不順 | main | 完成間近と思いきや >>
抜けば玉散る
 内緒でコチョコチョやろうと思っていましたが、よく考えると
内緒にするほどの事でもないので、公開します。



じゃじゃ〜ん、ついに天然砥石を入手しました。
「丸尾山蔵砥 黄色巣板」の幅広ものです。92mmあります。

最初蔵元のHPで探していましたが、いずれも幅が70mm内外で、
寸八の鉋刃だと斜めか縦方向でないと使えません。
前に「ガラス砥石」を買った金物屋(包丁主力です)さんが扱って
おり、包丁用に幅広の物を誂えていました。

天然砥石は初めてで、どういう物を入手すればよいのかわかりません。
どうも熟練者は堅めの物を好むらしいということだけが解ってきました。

それなら探すのは柔らかめ。「初心者からベテランまで」という
うたい文句でこいつに決定。

縦方向に3本筋が付いているのは、両面テープの跡です。

今までも当然ながら刃物は研いでいましたが、少しづつですが
コツが解りかけてきて、次は天然の仕上げ砥石の番だなあと
思っていました。人造の仕上げ砥は、表面を刃物が上滑り
している感じでしっくり来ず、ぴかぴかにはなるのですが
「研ぎ上げた」という感じになれないのです。

最近仲間内で「薄削り」の大樹海に迷い込む人が増えており、
横目で眺めてはいましたが、「おいらは絶対に迷い込まんけんね、
あそこには。」と思いながら、でも、研ぎが上達して鉋や鑿の上手
になる近道だなあとは思っていました。



側面と底の5面に割れ止めのカシューを塗ってあげました。
この砥石が無くなるのと、私の寿命が尽きるのと、どちらが
早いんでしょうか・・・・。



試しに小鉋を研いでみました。

感触は、鎬面全体が砥石にぴたっとくっついた感じで、
「しっとりとした」感じが手に伝わってきます。

写真は研ぎ上がりですが、今までの仕上げ砥(ガラス砥石#8000)
と比べて明らかな差があります。

以前は切れ刃の鋼と台鋼の境界が見えなくなり、鎬面全体が
鏡面になっていました。

今回は#1000では見えていた境界線が#2000で消え、
仕上げ砥で又現れるという不思議な結果となりました。

切れ刃の部分も、ピカピカの金属的な(当たり前か)光ではなく、
ほんの少し曇ったような鈍い光です。
「抜けば玉散る・・・・・」とはこういう光方だったんだなーと
勝手に納得しています。

暫くの間、この仕上げ砥を主人公にしたジャンルの記事が
増えることと思います。
新しく「刃物と研ぎ」というカテゴリーも新設しました。

ド素人の自己流研ぎなので、間違いや勘違いが一杯ある
と思います。どしどし指摘して、ビシバシ鍛えてやってください
マシ。

【2011.07.27 Wednesday 16:09】 author : OYA-G | 刃物と研ぎ | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
ありゃ?なんでばれてるんだろう???奇妙だなあ・・・・、どこかで喋ったのを忘れてるんかなあ。 まだしません。もう少しヒマになってからです。もう少し三重県人からの情報が蓄積されてからです。今は手押しに掛けて工房の隅っこでおねんねしてます。そっとしておいてあげてください。
【2011/07/28 12:12 PM】 OYA-G |
WAKUさん、こちらこそご無沙汰しています。その節は有り難うございました。(いや、例の端材?の件です)。
大樹海は富士山の溶岩流の上に出来たものなので、堆積岩の砥石は落ちてないと思うんですが、先人の遺物かしら??
なんか喋ってすっきりしましたです。
【2011/07/28 12:04 PM】 OYA-G |
私、人造の仕上げ砥石は持ってないです。
何も知らずに最初から仕上げは天然を使っています。
浅草の「といしや」(今もあるのかな?)で
買った黄色い仕上げ砥石は、まだ使わないままになっています。

「そっとしておいて」はこれでしたか?
巷には、そろそろ台打ちを始める、という噂もあるようですが(笑)。
【2011/07/28 9:13 AM】 acanthogobius |
ご無沙汰です。
大樹海を彷徨っていたら、天然砥石に出会いました(笑)
研ぎやすそうな砥石ですね。
柔らかい砥石や硬い砥石、色々試すのも楽しいですよ。
砥石も、まだまだ分からない世界ですが、いかにして砥石の平面を保つかが、ポイントと思っています。
ぼちぼちと、楽しみましょう!
【2011/07/28 12:48 AM】 craft WAKU |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/321
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP