OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 整理棚A完成 | main | 休憩 >>
スランプは脱出したけれど・・・・
最近「新道具箱」カテゴリーの記事はとんとご無沙汰でしたが、
先日三木(兵庫県)に行ってきたので報告します。

DSCN0183.JPG

買ったのはこれだけ。
本来の目的は、「切れる南京鉋」を見つける事。
最近鉋をよく買っている「K林木工」に行ってきました。
大工道具のコレクションを見られる、私設の展示場も前から見たかったんです。
事前に南京鉋について電話で取材。
「いくつか持ってるんですが、切れないんです。良い南京鉋はありませんか?」
「何丁か持ってるけど、切れる自信は無いなあ。普通に売ってる奴と一緒です。
 台鉋とは作り方が違うんで、まあ切れ味はそこそこ以上にはならないです。」
「切れる刃は無いんですか。」
「ありますよ。私はもってないので、鍛冶屋を紹介します。無ければ頼んで
 打って貰えばいいんです。それで高くなるようなことはありません。
 ただし三木には南京の台打ちはもういないんで、台を自分で打つ必要があります。」
「そんなこと言ったって、どうやって打てばいいか勘所がわからないんで無理ですよ。」
「じゃあ、遊びがてら来てみてください。それまでに良いものがあるかどうか
 探しておきます。保証はできませんが。」

っていうことでゲットしたのが一番左の1丁です。
他に同じ一寸二分の刃を使った完成品もあったのですが、掘りかけの奴を
買ってきました。
これがあれば台は何とか打てそうです。
2〜3回練習して、何とか打てると分かった時点で刃を探そうと思います。

その右、もうそろそろ鉋欲しい欲しい病から脱出したかったのですが、
展示場のケースの中にこいつを発見し、思わず衝動買いしてしまいました。
「堅木の家具に使うんなら青紙が無難で良いと思うがなあ。こいつは刃付けが難しいんですよ。
 そのかわり長切れします。硬めの鋼ならこっちのスェーデン鋼がお勧めですよ。」
と、あまり売りたくない風情でしたが無視。
多分今後そんなに出てこないと思うし、未使用の新品で出所(鍛冶)も解ってるんで
絶対掘り出し物なんだもの。
いや、使いこなせるかどうかは別問題ですよ、今回に限っては。
今、少しづつ仕込みをしていますが、後日一括して報告します。
一つだけわかった事は、「青紙に比べてよく切れるって訳じゃあないです。
唯、長切れすることは確かです。」って事でしたが、私の下手くそな研ぎ
レベルだと切れ味が明らかに違うようです。
ヘタクソは良い鉋を使えってことかしら。

三木で手道具をゲットしたので、テンションが上がって木工スランプは
脱出したようです。
ここ5日ほどはシャカリキで整理棚の製作に没頭しています。
DSCN0179.JPG
ようやく帆立側の組み立てまで漕ぎつけました。これで1台分。2台目は明日
組み付けます。
部材数が多く、加工も込み入っているので部材加工に思わぬ時間が掛かって
しまいました。

DSCN0180.JPG

ここにも・・・・・

DSCN0181.JPG

こっちにも・・・・ 
加工済みの部材がテンコ盛りです。
例によって部材数をカウントしてみると、1台分で64パーツになりました。
2台で128パーツ。鉋掛けだけでも一気には無理です。
自分なりに設定した製作日数は3週間ですが、とんでもない思い上がりでした。
倍ぐらい掛かってしまうと思います。  は〜〜〜〜。

 
【2015.08.31 Monday 18:35】 author : OYA-G | 新道具箱(手道具) | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
はい!前に作った椅子の改良版4脚と、初めて作る「ゆったりくつろぎ椅子豪華版」1脚を受注しています。前者は何とかなると思うのですが、後者は五里霧中状態で構想さえ纏まっていません。すべての面を曲線だけで構成するっていうような、無謀な妄想が耳の後ろあたりで飛び回ってるんですが・・・・。
【2015/09/02 6:03 PM】 OYA-G |
ムムム!
ということは、近々椅子の制作を
画策してるんですね。
南京鉋で削るような椅子は手間が掛かります。
私が時々鉋を購入する平出商店で木工センの取り扱いがあるようです。http://www.hamono.gr.jp/item/E1304/
南京鉋も数種類あるようですよ。
【2015/09/01 9:57 PM】 acanthogobius |
acanthogobiusさんともあろうお方が何を仰るんですか。下手だからこそ切れ味の良い刃物が必要なんじゃないですか。
椅子の脚なんかの自在曲線は場所によって曲率が変わるので、一本の南京で削るのは無理がありますよね。何本も曲率の違う南京を持っておく必要があると思うんです。
書かなかったけれども、両側に持ち手の付いたセンみたいな、曲率の大きい物を打って貰おうとナイフ鍛冶を訪ねたんですが、「センの鍛冶は三木では途絶えました。ナイフ鍛冶とは火床の作り方が違うんで無理です。火床を作り変えたとしても私には自信がありません。」
って断られました。
【2015/09/01 6:12 PM】 OYA-G |
私は南京鉋の切れ味を云々かんぬん言うレベルにはないのですが、底のカーブの付け方によって切れ方が変わって来ることは確かですよね。
刃が材に当たる角度も大分変わって来るように
思います。
【2015/09/01 2:04 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/553
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP