OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 小ネタ | main | 仕事始め >>
仕事納め
25日から年末モードに入り、年明けに製作予定のものの準備を
したり、工房の片づけをしたり、機械の刃の交換やメンテをしたり
してきましたが、今日が今年最後の工房行きです。

DSCN0044.JPG

昨日三木からこんなものが届きました。
左の長めの台の奴は去年の秋、三木に南京鉋を探しに行った時買ったもので、
今回届いたのは右のずんぐりした5丁です。刃はいずれも「福寿」銘の36mm。
所謂「ひな鉋」って奴ですね。
「福寿」の小鉋は左のと、もう1丁42mmのを持ってますが、いずれも研ぎやすく
切れ味が良いです。
南京鉋を欲しいのですが、まずは反り台鉋を何丁か作ろうと思い立ったので
三木にTEL。
「あ、去年の秋南京鉋を探してもらった福山のKですが、その時36mmのひな鉋
 も頂いてるんです。台は長めの22センチぐらいのに入ってます。刃は「福寿」
 って刻印がありますが、おなじものをあと4〜5丁欲しいんですが、在庫あるでしょうか?」
 反り台に仕立てたいんで、台の長さには余り拘りませんが。」
「あ〜〜覚えてます。36mmの刃幅で22センチ幅の台?そういう事をする人もいますなあ。」
「いや、台の幅じゃなくって長さです。。」
「すぐ調べて返事します。あったと思うがなあ。」
5分後架電。
「ありますよ。何丁送りましょう?」
「何丁ぐらいありますか?」
「あ〜、20丁以上あります。」
「じゃあ、とりあえず5丁送ってください。」
ってことで届いたものです。会話にならん爺さんと話すのは疲れるなあ。

って訳で、今日は朝からこいつに刃を付けていました。DSCN0045.JPG

裏押しから始めて裏金の合わせまで、5丁全部を研ぎ終わりました。

DSCN0046.JPG
こっちは1年間随分活躍してくれた平待ち鑿。ご苦労さんって事で綺麗に研ぎあげておきました。
来年も頑張ってくれよな。

DSCN0041.JPG

これは秋に三木で購入した南京鉋。都合良く、台打ちの途中でやめたものです。
手を付けずにおきましたが、年明けには使いたいので続きの掘りを始めました。
(これは昨日の仕事です)
DSCN0043.JPG

肝心な部分の寸法を計測して記録しておきます。次に刃を購入して自分で量産する時に
役立ってくれるでしょう。
仕込み勾配は一般的な台鉋によくある8分勾配です。

DSCN0042.JPG
刃が出る寸前で堀を中断していた様ですが、刃口側の勾配は刃裏の勾配
と同じになっています。これでは屑が出ませんので、少し立ててやり、
表なじみを触って刃先が出るところまで追い込みました。
この後刃口に摩耗止めの真鍮版を埋め込むんですが、それは来年ということに
します。

DSCN0047.JPG

最後に申し訳程度に工房内の雑巾がけをして仕事納めとしました。

皆様、どうぞ良い新年をお迎えください。

                            また来年。
【2015.12.29 Tuesday 18:40】 author : OYA-G | 新道具箱(手道具) | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/563
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP