OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 人形ケースと夏、お酒様。 | main | 漆修行=その後 >>
最近の仕事?!

更新が滞ってしまってスミマセヌ・スミマセヌ。

夏大好きのOYA-Gとしましては、夏の遊び(釣行じゃね)やら、

馬鹿爺どもとの麻雀やらで忙しく、そのうえ月2回ある漆教室と

その準備・宿題もあるし、肝心の木工も納期が押しているわで、

殺人的な忙しさだったんです。

更に、今年なぜか好調のカープのテレビ観戦にも熱が入るし、オリンピック

もあるし・・・・・。

ついつい、ブログの更新をサボってしまった訳であります。

 

釣行やらは、写真さえ押さえておけば良いブログネタにはなるんですが、

釣行中は釣りに夢中で写真なんか撮る暇はありません。

今年は山陰沿岸部は異常な高水温で、岸廻りは全く釣果無し。

いつも入れ食いの岸から10m、水深3尋の秘密ポイントは、岸の岩場が

海に伸びた岩礁地帯で、カサゴとアコウの宝庫なんですが、2日粘って

小さなカサゴが1匹。当たりも殆どなくって散々でした。

その代わりかどうかしれませんが、普段絶対にそんなところにはいない

マゴチが釣れちゃいました。

掛かった時は何が釣れたか解りませんでしたが、強烈な引きが連続し、

仕掛けが切れるんじゃないかとヒヤヒヤしながら上げてみたら40センチの

マゴチだったのでびっくり。

民宿のおばちゃんにマリネにしてもらって喰いましたが、こういう経験は

始めてデス。

一体、日本の海はどうなるんじゃろうか。他人事ながら心配じゃなあ。

 

と、遊び呆けていただけでなく、木工も酷暑に負けず頑張ってます。

DSCN0255.JPG

 

まずはこれ。 キッチンワゴンです。武骨な作りになっていますが、これには理由が

あります。

 

DSCN0262.JPG

 

 普段はこの位置にあります。左奥のスケルトンの食器棚とのマッチングが必要です。

 

DSCN0263.JPG

 

場合によってはこういう位置で使われます。

 わざと武骨に作ったテーブルに負けない存在感が必要と思い、各部材の厚みやら

 は、本来私好みの寸法からいうと2段階ぐらい上げてある感覚です。

 

DSCN0256.JPG

 

トップはこういう風に取り外し可能です。真ん中にタイルを配して、鍋料理の時の

下敷きに使えるように。

本当はタイルなんかいらないんですが、そこはほら、イメージってもんがあるでしょ。

 

DSCN0257.JPG

トップを取り外した状態。

引き出しはインセットで、最初左右2枚に分割の予定でしたが急遽1枚に変更。

ずんぐりして美しくなかったから・・・・。

引き手はいつもの銀杏型ですが、メイプルの真ん中に紫檀をサンドイッチしてポイントに。

 

DSCN0260.JPG

引き出しの中。 真ん中の仕切りは8mmのメイプルの板を2mmのメイプルにくっつけただけ。

可動式です。

 

DSCN0258.JPG

 

これは何だかわからんじゃろう。 受注以来2年弱、一番難航したものです。

これは外枠。

 

DSCN0259.JPG

こういうパーツが内側にセットされます。

 

DSCN0264.JPG

 

 これを見れば納得?? そう、色鉛筆のスタンドです。

全500色。一時全国紙で盛んに広告していた奴です。

こうしてみると壮観ではありますなあ。

 

DSCN0266.JPG

下側3列4段、上3列3段で、1つだけ残った区画にカラーリスト20枚が置けます。

スタンド部分は奥側に10度寝かせてあります。

 

鉛筆の太さは8mm。 間隔を1mm空けて正確に25本の半円の溝を切る方法論が

見つからず、ズ〜〜〜ッと考え続けていましたが、鉛筆が入ってきたケースの、プラの

下敷きを流用することで問題解決。

悔しいですけど、いつまでも放っておく訳にもいかないので、泣く泣妥協しました。

 

しかしですよ、こういう物って、努力に見合うお代を頂くっていう訳にはいかないんで、

ちょっと複雑な気分になりますなあ。

 

いやいや、次はもっと困った大物が控えていました。

DSCN0268.JPG

 これはシングルベッド2台分の構造材です。 向こうに立ててあるのは長手の幕板やら

補強材。

まだ座面になる簀の子やら、その受けなんかの部材は揃っていません。

 

更に一難奥の窓際に立てかけてあるダブルベッド用の部材群があります。

これはかっての「弟子兼奴隷」K君の、いや、K様のオーダー分です。

シングルベッド2台と、ダブルベッド1台併せて、片手万円プラスで上げろっていう

ご無体なオーダーです。

「いや、解ってるんですけどお、我が家にはお金がなくって。でも、ベッドは必須なんです。

 今は和室に寝てるんですが、その部屋は漆喰壁に塗り替えたいんで、2階の洋間に

 ベッドを置かないと工事に入れないんですよ。」

「いや、君なあ、じゃなかったアナタねえ、材木代いくら掛かると思ってんの?

 タダじゃないんだよ。金具代やら塗装もお金が掛かるのよ。俺が年金生活者になってるのは

 知ってるでしょ?ちょっと無理が過ぎるんじゃないの?」

「いえいえ、解ってますワカッテマス。でも、お金が無いんです。曲げてお願いできませんか。」

「わたくしからもお願いします。我が家は貧乏なんです。」(妻)

 

「まあ、お前んちが貧乏な責任の一端は俺にあるって言いたいのは分かってますよ。

 良いよ、やりゃあ良いんだろ、やりゃあ。」

 

と、啖呵を切ったのが運の尽き。やりますよ、後ろ指をさされない程度には・・・・

・・・・・・・ふんっ!!

 

 

【2016.08.12 Friday 18:06】 author : OYA-G | 作品 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
斎田さんは蚊に喰われてジカ熱かなんかにやられたんじゃあないだろうか??
この予算じゃあまともな木は使えないんで、シングル2台は使い道のなかったタモの残りです。これで全て使い切ってすっきりしました。
ダブルの方は、タモでは取り切れなかったんで泣く泣くメイプルにしました。
簀の子はHCの最安値の無塗装床材にします。
それでもマイナスかもしれません。
ま、考え出したら切がないんでそのうち余裕ができて有利なオーダーを貰えると思ってやります。
【2016/08/13 7:56 AM】 OYA-G |
ちょうど半田のプロも一ヶ月ほど更新が無く
ブログ放浪人としては寂しい限りでした。
ベッド3台で片手万円プラスですか?
材料代が出ませんね。スノコに結構な材が必要です。
まあ、木工が出来る事はありがたい事です。
【2016/08/12 7:39 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/584
トラックバック
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP