OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< ベッド完納、什器備品系に向かう | main | 椅子三題 つづき >>
椅子のお話し 3題

その1=こういうのは無いんじゃないの???

 

DSCN0309.JPG

 

ありふれたウインザーチェア。 我が家のダイニングの椅子ですが、向かって左側の

座板がパックリ割れています。

買ったのは40年以上前なので、元は取ったと言えないことも無いんですが、

気分の悪い事があるので、公開しちゃいます。

 

900X1800のテーブルと椅子6脚のセットなのですが、6脚の内4脚が既に病死。

余すところ2脚なんですが、それも余命いくばくもないものと思えます。

 

10年ぐらい前、肘掛付の1脚が壊れ、程なくもう1脚あった肘掛付もアウト。

その後4脚残った写真の形状のものが2脚壊れたって訳です。

 

4脚とも同じ位置で座板が割れてしまいました。

なぜそういう事が起きたかは次の写真を見て頂ければ一目瞭然です。

 

DSCN0312.JPG

裏からの画像。

DSCN0313.JPG

この方が解りやすい?

 

四方転びの右前足の丸ホゾが、矧ぎ面の中央に空いています。

ご丁寧に背もたれの外枠も同じ矧ぎ面に配置されているんです。

 

この時代には高周波接着なんてある訳もなく、接着剤の性能も低かったとす思うんですが、

矧ぎ面はイモ継ぎです。サネなんか見当たりません。

接着剤が経年劣化し、矧ぎ面のホゾに力が掛かって矧ぎが切れたって訳です。

肘掛け付きのが先に壊れたのは、それだけ無理な力が掛かりやすかったからでしょうね。

 

この座面、僅か40センチ強の幅なんですが5枚矧ぎになっています。

しかも6脚分を同じ矧ぎ板から取ったと見えて、全て右前足が矧ぎ面に掛かってるんです。

 

職人は分かっていたと思います。 テーブル甲板を取った残りの、幅の狭い板を5枚

繋いで座面を作ったものと思えます。 

 

最初の写真で、右から2本目のスポークがに違和感があるのが解りますか?

壊れたところを家人がセロテープを巻いて誤魔化しながら使っていたようです。

 

DSCN0315.JPG

普通はこういう折れ方はしませんよね。

 

DSCN0316.JPG

よく見るとこういう事になってました。

加工途中で破損したスポークを印籠みたいにして継いだものと思えます。

サネがヤワで、すっぱり切れたって訳です。

ここまでしますかねえ?「モッタイナイ」ってのとは違うと思うがなあ。

 

このダイニングセット、市内では古くから高級家具店として有名だった店の

物です。 当時の蓄えを生かして、今は賃貸マンション経営に転身して、一族

裕福に暮らしているようですが、こういう事をしてはいけません。

 

どこやらの県・市会議員やら、国会議員やらの公金詐取が蔓延しているようですが、

そういう事の根源は既に私たちの中に広く、深く育まれていたという訳です。

 

若い諸君には酷な言い方かもしれませんが、この国はもう駄目だね。

脱出できる者から早めに国外退避してくださいな。

 

あ、いや、椅子の話だったよね。失礼いたしました。DSCN0314.JPG

単なるゴミです。

 

その2=それはちょっと可哀想なんじゃない???

 

という訳で、急遽椅子6脚を作るよう指令が下りました。

 

DSCN0310.JPG

 

先週末粗取りした6脚分の部材群がおねんねしてます。

材はブラックチェリー。

用途、体格、その他で4種類ぐらいになります。

サンプルとしても使えるしね。

 

「ま、急ぎ作ります。作りますけどお・・・お代は頂けますよね。」

「へ?お代?そんなの要るの?」

「い、い、要ります要ります。タダだと材木も買えなくなって、続けられなく

 なるんです。」

「いくら?」

「グッとお安くしときます。破格の値段です。**万円ですけど、安いでしょ。」

「ふ〜〜〜ん、こないだのK君のベッドより高いじゃないの。」

「いや、あれは福祉活動っていうか、慈善事業っていうか、兎に角そういう類のもの

 なんで・・・・。何とか・・・・・。」

「解ったけど、次のが壊れたら座るとこが無くなるんですからね。急いでね。」

「オッケー、サンキュベリマッチ!!急ぎます急ぎます。」

 

???????

 

「あのね、ちょっと聞くけど、そのお金どの口座から払ってくれるの?」

「そら、あーたの口座からに決まっとるでしょうが。何かご不満でも?

 嫌なら払わなくって良いんですよ、私は。」

「あ、いや、ちょっと聞いてみただけで・・・・そう?やっぱり?

 ・・・・・・風呂入って寝よっと。」

 

         第3話は次回。乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

【2016.09.30 Friday 20:54】 author : OYA-G | 雑記帳 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
ちょっとはしたない怒り方でした、スミマセン。
年取って怒りっぽくなったのかなあ。
椅子は用途と人に合わせて4種類にしますが、基本的には今まで作ったもののアレンジです。
acanthogobiusさんの嫌いな海の家風のもあります
・・・・・。
【2016/10/04 7:56 AM】 OYA-G |
今だけ、金だけ、自分だけ、と言われる昨今で
哀しくなりますが、40年前の製品だから今まで使えたのかもしれませんね。
まあ、国民の税金も管理しているのは財務省で
国民が勝手には使えないので仕方ないですね。
どんな椅子になるのか楽しみにしています。
【2016/10/02 10:25 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/589
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP