OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 作業台三郎 途中経過 | main | 200均?!クランプ >>
三郎完成間近

DSCN0380.JPG

製作中の作業台三郎、ほぼ完成しました。

先に甲板下のスペースに設置する引き出しや収納を作ろうと思っていましたが、

加工した材が動くと、組み上げられなくなる可能性が大きいので、先に組み上げることに

したんです。

妻手側にフロントバイス、長手左端に国産の木工バイスを配置するのは、今までの

作業台と同じです。

国産バイスの位置にショルダーバイスを付けるかどうか随分悩んだんですが、結局

却下しました。

確かに有用だと思い、一時は必須と思っていましたが、框部分の構造が複雑になって、

手間が掛かりすぎる事、長手左側に大きな突起部分があるのは、身体の動きが制約される、

つまり「邪魔」になる可能性が大きい事、今まで特に不自由を感じなかった事などで、

同じ形に落ち着いた訳です。

 

皆がやってるように妻手側にフェイスバイスを配置して任意の長さの材を固定するスライド

部を設ける事も考えましたが、今までのやり方で不自由を感じていないので、これも却下。

 

部材は引っ越し前に揃えてあったので、取り掛かれば思ったより早く形になりました。

W/1260・D770・H800 です。

次郎に比べWが150長く、Dは30短くなっていますが、ほぼほぼ同サイズです。

違うのは重さ。ざっと計算しただけでも2.5倍ぐらいにはなっています。

 

DSCN0381.JPG

逆サイドから。

甲板の真ん中の開いた部分には着脱可能な材を置いて、中央部でクランプできるように

します。次郎での経験では、これは有用です。

無塗装で行こうと思っていましたが、汚れや接着剤の付着除けに蜜蝋を塗ることに

しました。 脚部は塗布済み、甲板部はこれからです。

 

DSCN0382.JPG

邪魔者になった次郎は、外作業場に出しました。

ちょっと寒いけど、2月上旬の引き取りまでここで我慢して貰います。

 

DSCN0378.JPG

この部分には苦労しました。 いえ、苦労というより、不良品かと思って捨ててしまう

ところでした。

クイックリリースの機構部なんですが、バイスを締め込もうとすると「カタッ」という

音がして締めこみが緩むんです。

突起の付いた部分は円筒を2枚に縦割りしたようになっており、向こう側にもう半分のパーツがあります。

ハンドルを緩む方向に回すと2枚のパーツが割れて自由に動かせるって訳です。

締め込む時には向こう側のパーツが自重でこちら側に倒れ込み、手前側のパーツを押して、

画面下の突起に手前側のパーツを押し付けた状態になって、ネジが噛み合うんです。

よく観察してみると締め込んで行くとき、この2つのパーツが写真で左の方向に僅かに動いて、左の

4mm程の隙間が無くなり、右の方に隙間ができます。

さらにじっくり観察すると、その僅かな動きの時に接触している突起部分が微妙に動き、

向こう側のパーツを押し戻してしまう様です。

ほんの思い付きというか、ダメもとで2つの突起部の当たっている部分の塗装を

ヤスリで落としてみました。

何という事でしょう!あっさり問題解決。塗装面の凹凸が原因だったんですね。

問題解決までに半日以上掛かりました。

でも、このバイス、他にも買った人がいるんじゃないだろうか?

みんな問題なく使ってるんだろうか?

このバイス、形状やサイズ・CHAINAの刻印、表面感など、グリズリーのバイス

そのものなので、中国のグリズリーの委託先から仕入れて(もちろん黙って)売ってる

に違いないと思うんですが、売ってる人は多分自分で使ったことは無いので、こういう

不具合には気づいていないと推察されます。

中国産の安物を買うと、いつもながら思わぬ不具合に遭遇しますね。

ま、これも楽しみ?のうちかもね。

 

                       SEE YOU

 

【2017.01.23 Monday 07:48】 author : OYA-G | 工房 | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
ありゃ、WAKUさん、お久しぶりです。
うらやましいったって、リタイアしたら誰でも余裕は出来ますよ。それでもバタバタしてるって感じはぬぐい切れないですけれども。
【2017/01/25 8:34 AM】 OYA-G |
2枚の天板は長手の框と12mmの丸棒のピン4本で
固定(と言っても接着は天板側だけ)してあり、
仰る通り膨張した時は中央部に逃がすようにしました。
三郎の場合、脚は甲板框の内側になる構造なので、クランプは框部分を使います。
【2017/01/25 8:31 AM】 OYA-G |
完成おめでとうございます。
日々追われているような感じで、作業台を作る時間的余裕が無くて、なんだか羨ましいです。
いいなぁ!
【2017/01/24 9:04 PM】 craft WAKU |
基本的な形は前作を引き継いだ感じですね。
天板の動きを真ん中に逃がす構造でしょうか?
1260ではショルダーバイスは無理でしょうね。
確かに邪魔になります。
私は長手側幕板の下と裏側にクランプを掛けて加工材を固定することが多いので、引き出しは設置できないです。
【2017/01/24 1:26 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/596
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP