OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 200均?!クランプ | main | 次回作 >>
才能無しと認める。奮励努力せよ。

DSCN0394.JPG

 

去年の3月から漆教室に通い始め、4月に木地を作った「銘々皿」がやっと

完成しました。

作った木地は6枚。今回完成したのは4枚です。

残り2枚はまだ途中工程で手こずっています。

 

漆がこんなに難しいとは想像していませんでした。

一体何度やり直したか覚えていません。

 

布着せーー地錆+研ぎ3回ーー錆3回+研ぎ3回ーー拭き漆--黒漆+研ぎ5回

ーー伊勢早2回--胴摺り--伊勢早2回--蠟色磨き

っていうのが師匠が指定した標準手順なんですが、

 

黒漆の塗り厚が足りないのでゴミが沈んでくれないーーそのせいで研ぎを強くしないと

平面が出ないーー強く研ぎすぎて前に塗った面まで研ぎ破ってしまう

 

角の部分を研ぐと、研ぐ力が強く掛かりすぎて地錆部分まで研ぎ破ってしまう

 

厚塗りしすぎてしまって表面に梨地様の皺が出来てしまう(最悪なんです、これ)

 

伊勢早が乾燥しすぎて、蠟色磨きしても艶が出ない

 

エトセトラ・エトセトラで、泣きながらやり直しを重ねて今日まで来ました。

 

8か月で何とか完成したのがたったの4枚です。

その4枚も、正確に言うと不合格品。

もし¥1500/枚で売るとしたら、たぶん誰も買わないと思います。

いや、恥ずかしくて人様に売る事なんてできませんってレベルなんです。

 

多分初期工程の正確さが足りないんだと思います。その時の気象条件に合った漆の粘度

と乾燥条件の選定も経験不足です。

塗りの時の刷毛の使い方もダメ。研ぎの力加減も大きな課題です。

 

「ここまで艶に拘った人はあなたが初めてです。1年もしたら私を追い越すと思います

から、落ち込まずに続けてください。」って、師匠は励ましてくれるんですが・・・・。

 

DSCN0393.JPG

 

4枚は2対になっています。

1枚は左上がりの銀の蒔絵、対になるのは右上がりの金蒔絵です。

 

DSCN0395.JPG

 

金蒔絵の方はこんな感じ。

 

DSCN0392.JPG

 

銀の方はこんな感じです。

 

馬鹿高い「大間のマグロ」の大トロ1貫を乗せて食べたいものです。

 

もう、漆はやめようかな・・・・・

いやいや、このままやめたら、負け犬だもんね。あと50年生きるとしたら、

そのうち何とかなると思って精進します。

 

                   ごきげんよう。

【2017.02.08 Wednesday 20:13】 author : OYA-G | | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
WAKUさん、「なるべく1m以内に近づいて見ないでください。」っていうレベルなんです。
くやしいです、グスン。
【2017/02/09 7:16 AM】 OYA-G |
acanthogobiusさん、私の教室では漆の伸ばしには灯油を使います。金継ぎなんかで、塗り面が小さいときはテレピン油。石油の場合は揮発性が低いので長時間の塗りでも粘度が変わらないんだそうです。
褒められたっていうより、呆れたってニュアンスだったです。
【2017/02/09 7:14 AM】 OYA-G |
完成おめでとうございます。
写真は、とても美しいと思いましたよ。
その美しさのためには、驚くほどの工程がいることを始めて知りました。
これからも、がんばってください。
【2017/02/08 10:12 PM】 craft WAKU |
そうですね、これは拭き漆だけやっていたのでは分からない世界ですね。
先生には褒められたのですから長く続けてください。刷毛目が深いと研ぎ破りが発生し易いので
d-カンフルを使って漆の粘度を下げたりもするらしいです。これって樟脳のことらしいです。
私も研ぎ破ってしまって何度か塗り直したか分かりません。乾漆の箸箱が途中で止まったままなので時間が出来たらまた再開したいです。
【2017/02/08 9:57 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/598
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP