OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< ドレッサー完成とアイドリングタイム | main | これはいけませぬ。 >>
ガラス修正器昇天するのこと

DSCN0428.JPG

8年ほど使い倒した「ガラス修正器」の切れが極端に落ちてきました。

焼結ダイヤモンド砥石で、砥石の修正専用なので独特のパターンの溝が切って

あります。

シャプトンってメーカーのもので、購入価格は1万6千円だったと記憶しています。

こいつを入手してから砥石の修正が格段に速くなって、重宝していました。

それまではHCで売っている安物のダイヤモンド砥石を使っていましたが、

1/3以下の時間で平面が出せるようになったんです。

砥石の平面修正で時間が掛かると、研ぎに回せる時間が減るのでストレスが溜まり、

研ぎの作業が億劫になったりしますので、随分助けられました。

 

ここ半年ほど砥石の修正に時間が掛かるようになっていました。

私的にはそこそこ高価な物なので、我慢していましたが、思い切って買い替えようと

思いましたが、シャプトンの「ガラス砥石シリーズ」が販売中止になっており、

同じメーカーの新作の修正器は5万前後もする値段で売られています。

 

しがない年金生活者にはこの値段は出せません。

こういう時には「曼荼羅屋」に相談するに限ります。

 

「シャプトンのガラス砥石シリーズの修正器を8年使ってきたが、切れ止んだ。

 <空母>って奴があるらしいが、高すぎて手が出せん。何とかしてくれ。」

「<空母>はお勧めいたしかねます。高いからって長持ちするって訳じゃあないんです。

 ここは<なおる>で行きましょう。 電着ダイヤモンドじゃなく、研磨剤を使う鋳物

 で、平面の減りも予想外に少ないです。価格もお手軽です。」

ということで、「なおる」君が送られてきました。

 

DSCN0429.JPG

いかつい溝で幅広。荒目と中目の研磨剤に、曼荼羅屋が付けてくれた仕上げ砥石用の

極細目の研磨剤がセットです。

 

DSCN0430.JPG

 

ついでに砥石も#1000・2000・3000を1丁づつ。

これでドレッサーで頂いたお代が佐世保方面に移動してしまいましたが、

それはまあ、致し方のない事です。

赤ちゃんのミルク代を出さなきゃあいけない身分でもないので、笑って

やり過ごせます。

 

DSCN0431.JPG

使用後30分の状態です。全体に錆が浮いてます。

#1000〜#3000の砥石は「中目」の研磨剤で、砥石を下に置いて、修正器を

手に持って擦りますが(私の場合はってことよ)、修正器が重いのがちょっとした

難点ですかね。但し、擦り合わせの時間は極端に短いので我慢できる範囲内です。

 

DSCN0439.JPG

この写真じゃあ解らないけれども、全体に研磨剤の細かい傷が出来てしまいます。

写真に写っている黒い擦り跡も残ってしまいます。

曼荼羅屋の親爺は極細目のパウダーで仕上げろっていうんですが、この傷を消すには

駄目になりかかっている「ガラス修正器」の方が早いです。

死に掛かっていた道具が新しいミッションで甦るのは、何とも気分の良いものです。

 

取りあえず問題解決です。

DSCN0441.JPG

引き続き前回のスライド丸鋸の集塵BOXの結果報告です。

こういう風にセットします。

BOX内には幾分の屑が残り、時々掃除する必要があるので、テーブル甲板への

固定はL字型の部材を蝶型ボルトで固定し、簡単に取り外せるようにしました。

スライド丸鋸自体のメンテにも、簡単に着脱できることは必須条件です。

DSCN0442.JPG

今まではこの部分に「なんちゃってサイクロン」を繋いで使っていましたが、集塵率は

半分以下って感じでした。

周辺に切り屑が散乱して、どうかすると日に何度も周りを掃除していました。

多分ですが、舞い上がった屑を大分吸い込んでいたと思います。

排水パイプはBOXの向こう側の集塵ダクトに差し込んであるだけです。

 

DSCN0437.JPG

試運転の結果です。20センチ幅の材を30カットした状態。

フェンスの手前には多少屑がありますが、フェンス奥側は殆ど屑がありません。

 

DSCN0435.JPG

逆サイドも同様です。

感覚的には95%以上の集塵率だと感じています。

 

予想以上の集塵効果で、びっくりしました。

BOXがあると、気分的にはあまりすっきりしないんですが、この結果なら

文句はありません。

気分の方はそのうち慣れてくるでしょう。

 

 

DSCN0443.JPG

今日から変形スツールの試作に入りました。 脚部はこんな感じ。

DSCN0444.JPG

妻手側の桟は脚と、相手側の幕板につながっています。

妻手幕板を脚上部に20mmかさ上げし、側に座板が乗ります。

DSCN0445.JPG

 

正面から見るとこんな感じです。

細部の意匠的な加工は明日かな。 大体想定通りの仕上がりには近づいて

いると思います。

狙っているのは、左右にずれた脚部の違和感と、浮いたように感じる座面の

不安定な感覚です。好き嫌いはあるでしょうけどね。

ワタクシとしては、四角四面の物ばかりは作りたくないし、かといって曲線だらけ

だったり、絵画的装飾には全く興味が無いので、こういう不安定な外観の物も

作ってみたかったんです。

 

【2017.03.15 Wednesday 17:08】 author : OYA-G | 刃物と研ぎ | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
スミマセン。ここ2週間ほど家にいる時間が多いんで、PCに触ってる時間も長いもので・・・。
集塵機に繋ぐっていうのは、スライド丸鋸の屑の排出口部分に繋ぐわけでしょうから、それだと50%以下だと思います。(正確に計量したわけじゃあなく、雰囲気ですが)。排出口以外に飛び散る屑の方が多いと思いますが如何でしょう?
【2017/03/16 4:40 PM】 OYA-G |
あらら連続投稿で、コメント入れるのが忙しいです。
私のマキタのスライド丸鋸はR2D2のような形のマキタの集塵機につないでいますが効率は良い方だと思います。
もっとも周りが汚いので気にならないだけかもしれませんが。
【2017/03/15 8:26 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/603
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP