OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 停滞その2 | main | 学習机完成!温暖化の影響蚊い?? >>
お稽古事が増えちゃった

失敗した本棚を、気を取り直して再挑戦するんですが、

転んだ時にはタダでは起きないっていう因果な性格なので、

同時にもう一つ、同時進行でやっつけます。

 

DSCN0501.JPG

上が本棚、下が一緒に作るものです。

 

DSCN0502.JPG

小振りな学習机なんです。

材はどちらもチェリー。脚や桟の寸法、仕口の形状・寸法などが殆ど

共通なので、仕掛時間の短縮に大幅に貢献するはずです。

 

とはいうものの、最近は実は木工自体はかなり停滞気味なんです。

 

DSCN0504.JPG

合間を見計らってこんなものを作りました。

これが何に使う物かわかる人は少ないんじゃあないだろうか。

 

DSCN0505.JPG

 

こういう事を始めたんです。

 

漆修行の方は、ようやく刷毛塗りがどうにかできるようになり、

螺鈿と沈金に進んだところなんですが、まだまだ門前の小僧状態が

続いている状態なんですが、1年ぐらい前から考えていた

「竹工芸」を始めてしまいました。

 

さっきの写真は竹ひごづくりに使う作業台なんです。

 

師匠に「竹ひごが1人前に作れるようになるのに何年かかる?」

って聞いたら、「う〜〜ん、まあ10年かな、10年たっても

駄目な人は居るがね。」

って事でした。

10年かける訳にはいかないんで、編みの方は放っておいて、

当面はひご作りの修行に専念します。

毎日1時間、絶対に休まず1年やり通してみようと思っています。

 

かといって、漆の方も休むわけにはいかないんです。

漆修行も毎日やらないと絶対に進歩しないと分かってるんです。

 

そういう事情で、必然的に木工の時間が削られるって訳です。

 

浮気性じゃないんですよ。

木工も漆も、竹細工も、私としては必然的に行うべき一貫の

工程なんです。

どこまで行けるか、自分としても楽しみです。(怖いけど)

 

 

 

 

【2017.07.02 Sunday 19:30】 author : OYA-G | 雑記帳 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
あはは・・売れないでしょうね。
竹細工を始めたのは、漆の延長線上に「籃胎」が見えてるからなんです。
作りたい物の形はクッキリと見えてるんですが、
果たしてそこまで行きつけるかどうかが問題です。
30年は掛けられませんからね、私の歳では。
【2017/07/05 7:12 AM】 OYA-G |
色々楽しみが増えて良いですね。
でも、竹細工って木工以上に売れないですよね。
数年前、竹細工の作家さんと展示会を一緒に
やったことがあります、どれも立派な作品と思われましたが10日間の会期中売れたのは、当時まだ元気だった私の母が購入した一点だけでした。
美術品を作るつもりで頑張ってください。
【2017/07/03 1:47 PM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/613
トラックバック
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP