OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 越翁口埋めで機能アップ! | main | 煎茶立礼卓 >>
謹賀新年!!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、既に昨年の事となってしまいましたが、年の瀬も押し詰まる29日に

難航していたバービーちゃんの陳列用チェストを納品しました。

 

DSCN0576.JPG

納品前の記念撮影です。むこうの蛍光灯がまぶしいですね。

幾つか失敗を重ねながら、どうにか完成したって感じです。

DSCN0577.JPG

内部はこんな感じです。後背部は思いついて4mmのべニアに草色の

厚紙(0.5ぐらいかな)を貼り、その上から楮の皮を漉きこんだ美濃の

意匠和紙を張ってみました。

背板がウオルナットだと、何とも重い感じがするだろうと思って、

随分考えた結果ですが、意外にいけてるでしょ。

中に可動式の棚板が1枚仕込んであります。

DSCN0578.JPG

横から見るとこういう感じです。

今正面に見えているガラス(アクリルだけど)面は、本体に止めてあって

外せません。

DSCN0581.JPG

棚板と棚受けです。

今回の作品の基本的なコンセプトは、「ひい爺さんが片手間に作った

陳列棚」って勝手に決めてましたので、こういうややこしい事を

しなければいけなかったのです。

DSCN0580.JPG

後ろの縦框にこういう風に嵌まるんですが、ピンの角度と框に開けた

穴の角度がぴったり合っていないとこういう風に密着しません。

嘘だと思ったら自分でやってみてください。

DSCN0585.JPG

納品してバービーちゃんを並べてもらいました。

DSCN0587.JPG

棚にはキラキラ系の小物類。

DSCN0590.JPG

引き出しはこういう風にドレスを入れてもらいます。

でも、ドレスのお胸の部分が膨らんでるのは、どうやって作るんだろう。

恥ずかしいので聞けませんでした。

DSCN0588.JPG

しかしまあ、3人とも不細工な顔じゃなあ。

意地悪そうじゃし・・・。金持ちの娘の典型だよね。

 

30・31日は工房をかたずけて、刃物を研ぎ、機械のメンテをして

例年通りの年の瀬となりました。

 

2017年は漆と竹細工(これはブログネタ満載です。乞うご期待)

と麻雀がそれぞれ月に2日づつ、計6日間定期的に時間を奪ってくれたので、

木工の方は少しペースダウンしましたが、全体としては大層忙しい年になりました。

 

今年は手始めに「煎茶立礼卓一式」に掛かります。

今年も忙しい年であってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

【2018.01.01 Monday 18:35】 author : OYA-G | 作品 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
isuakiraさん、こちらこそよろしくお願いします。
お褒めの言葉をいただき恐縮です。
完成直後は虚脱状態になるほど苦労させられました。同じものをだれか注文してくれると、今度はもう少し手際よくできるんですが、そんなもの好きが2人いるとも思えません。
こういう注文を受けるところは、やっぱアマチュアですよね。
【2018/01/03 3:23 PM】 OYA-G |
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
覗かせていただく度に作品がグレードアップしていて驚きです。
陳列用チェスト素晴らしいですね。
内側背部を明るくされたので、扉などが軽妙に美しく見えますね。
新年会日時まだ決まっていませんがよろしく。
【2018/01/02 7:51 PM】 isuakira |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/621
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP