OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 謹賀新年!! | main | 竹工芸その後 >>
煎茶立礼卓

今年最初の仕事は「煎茶立礼卓」一式です。

お茶っていうのは基本的に畳敷きの部屋で正座してするのが

普通でしょうが、催事ものなど大人数の場合はテーブルと椅子による

供応をするらしいんです。

 

妹が永年煎茶をやっているんですが、膝関節を手術して正座が出来なくなったんで、

立礼卓を作るように命令されました。

調べてみたところ、馬鹿高い値段が付いています。

メインテーブルと脇机、丸座のスツール脚のセットで、安くて

35万強、裏千家(これは抹茶だけど)なんかは75万もします。

 

塗りで多いのは黒漆仕上げ、但し安い方は「漆風塗料」だと思います。

だって「本漆仕上げ]っていう奴が少し高い値段で売られていますもの。が

しかしまあ、こういう物はお師匠様が売るんでしょうが、30%ぐらいは

抜いてるんだろうね。

 

馬鹿高い裏千家の方はウレタン仕上げですと!!

 

例外なく板作りで、相欠きによる分解可能な構造になっています。

構造上かなりアバウトで、絶対に揺れ動くと思いました。

ほら、大工さんがよく使ってるべニアの簡易作業台みたいな奴ですよ。

板厚をどれだけ厚くしても、キッチリ動かない様にする事は出来ません。

 

漆の修行にもなるし、絶好のカモ(いや、お客様)が来たなあ、と思っていたら、

「お兄ちゃん、漆はいらん。なるべく安くして。材木も安物で良いし、ちょこちょこっと

作ってくれたらいい。安物で良い。」って言われてしまいました。

 

ちょっと挫折しましたが、まあ、これも修行の内です。

 

昨年末に荒木取りを済ませておいたので、年明けから取り掛かりました。

DSCN0597.JPG

で、これが一昨日の写真です。メインテーブルと脇机の脚部が組み上がっています。

脇机の方は分解できません。使わないときは花台にしてもらいます。

メインテーブルの方は長手桟3本を楔で連結するので、分解可能になってます。

楔での連結なら、組み上げた時ビクともしないのが自慢です。

DSCN0599.JPG

楔部分はまだ未完成ですが、この状態でがっちり効いています。傾斜角は11度。

あとは甲板と、簡単なスツールを作れば完成です。

塗装はお決まりの木固めエース+蜜蝋仕上げにします。

 

DSCN0605.JPG

この程度の物なら設計図は要りません。

こんなメモ程度で十分ですが、後日のために一応図面は残して置きます。

DSCN0606.JPG

後日のためっていうのは、これを見た妹のお茶仲間から爆発的な受注を

目論んでいるからです。

多分お魚さんが引っかかってくれるに違いありません。いや、そうなって

欲しいなあ・・・・なるよね、きっと。

 

だって、お師匠様から買う値段の半分だもんね。 漆(ボクチャンのは本格漆だもんね)塗り

でも、7掛けぐらいにはできるもんね。

だれかこの記事、読んでてくれないかなあ・・・。

小笠原に行ってきたいんだけどなあ・・・・・。

 

                          また今度ね。

【2018.01.12 Friday 21:31】 author : OYA-G | 作品 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/622
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP