OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< ミニチュアフライドエッグ | main | 次!!! >>
立礼卓納品

1月は野暮用が多く、正月休みも入れて16日間も木工を休んで

しまいました。

制作中の「立礼卓」は最後の追い込みです。

DSCN0611.JPG

同好の皆さんが作られている「バンドソー用サークルカット治具」

です。

治具は19mmのシナベニアをバンドソーのテーブルに合わせてカット

し(別に合わせなくても良いけど)、裏側の右端と手前側に10mm角の

レールをくっつけてあります。

最初に右側のレールをテーブルに合わせて置いて、徐々に前方に繰り出していって

基準になるカットラインを入れます。手前側のレールがテーブルに接触したら

ストップ。

ストップした位置から直角(厳密である必要なし)な線を引き、希望の半径

の位置(今回の場合直径280mmなので140mm)に真鍮釘の頭を飛ばした

ピンを植えます。ピンの太さは1mmなので植え込みの穴も1mm。

ワーク側の中心点に打つ穴は1.5mmにしました。

1mmではピンを差し込む時手間取ってしまいます。

あ、ワーク側の穴は完成時裏になる方に開けてくださいね。

要らぬお世話かもしれませんが、この手のミスは心理的

ダメージが大きいですからね。

 

DSCN0613.JPG

で、ランバーコアの端材を使ってテストカット。

うまくいきました。

DSCN0612.JPG

本番もこの通り。

この後カット面に鉋(南京)掛けして凹凸を均し、表側にボーズ面

を取って椅子の座板が完成です。

 

治具は邪魔になるので即刻ゴミ箱行き。取っておいても良いんですが、簡単に

作れるし、取っておいてもいつ使うかわからないで邪魔になりますもの。

DSCN0615.JPG

出荷待ちです。

メインテーブルは組み立て式。脇卓は分解できません。

棚板の下にメインテーブルの楔を入れて置く小さな引き出しが

隠れています。

椅子は重ねて置けるようにしました。

DSCN0625.JPG

納品時の写真。

DSCN0624.JPG

逆側からもう1枚。

DSCN0626.JPG

お道具をセットしてもう1枚。

え?テーブルの端っこ?

あ、これはですねえ、カーリーメイプルを嵌めてあります。

主たる目的はデザイン又は無用の芸、

従たる目的はせめてもの反り止め。

余り効果は期待できないとの声多数ですけれども・・・。

 

納品時、組立て中に施主様が「あの〜、私間違えてたんですけど、椅子は

3脚要るんです。席主と脇侍、後見人(普通師匠が務めるそうです。

ま、監視役又は検査官みたいなもんでしょうね。)で3脚です。

追加料金は払いますから、作って貰えませんか?」

「解りました。(最初に言ってくれよな〜〜)」って事になりました。

ゴミはまだ処理してないので、治具はサルベージできます。

でも、手間は余分に掛かるなあ・・・と、客には言えませんがちょっと

ブルーな気分です。

ついでという訳ではないんでしょうが、「香筒」も受注しました。

手持ちのが市販の安物なので、ちゃんとしたのが欲しいんですと。

「出来たら黒柿が良いです。」だって。

香筒?線香を入れて置く20角280長ぐらいの小物です。

私の専攻は家具であって小物じゃないんだけど、まそのうち

作ってあげましょう。

黒柿、探さなきゃ・・・・・。

 

             以上、立礼卓納品報告でした。

【2018.02.04 Sunday 06:30】 author : OYA-G | 作品 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/625
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP