OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< 大工さんの道具箱 | main | 琉球異聞2 >>
琉球異聞

15日から19日まで、4泊5日で恒例の沖縄旅行に行ってきました。

いつも泊まる名護のリゾートホテルが予約できなかったので、大好きな

瀬底島に1棟貸しの古民家ホテルを予約しました。

DSCN0681.JPG

一度こういうのに泊まってみたかったんです。フクギに囲まれた

小さな古民家を改装した施設です。

長くなりそうなので以下箇条書きご容赦。

 

事件1.

 

到着後部屋を点検していて愕然。 鼾の激しい琉球人を寝させようと思っていた

小部屋が雨漏り。その部屋に置いてあった布団も濡れています。

現地スタッフに連絡して代わりの布団を手配。

1部屋に4人で雑魚寝。湿気が強くて弱った。

 

事件2.

 

翌朝雨が上がったので裏に出ると

DSCN0680.JPG

少し大きな無住の古民家。 その奥に何やら近代的な建造物が。

トイレかなあ、そんなはずないがなあ、不釣り合いな建物じゃなあ・・・

と思いながら接近。

DSCN0679.JPG

何やら全体に十文字の切り込みが・・・・

造りは贅沢で、縦長の小窓にはステンドグラスが・・・

右の方に舗装された歩道が・・・・

 

DSCN0678.JPG

 

その奥に上がってみると新築の大きな家が・・・・。

右側の奥から男性が出てきて「ようこそいらっしゃいました。是非中を

ご覧ください。」

「え?これからゴルフ?今コーヒーを飲もうとおもっていたんで、是非にも

ご一緒しましょう。お時間は取らせません。」

っていうので、中に入ってびっくり。

超の付く豪邸です。安く見積もっても6千万、もしかしたら1億近く掛かっているかも

しれないっていう感じ。

「1か月前に東京から越して来ました。妻と2人で暮らそうとこの家を建てたんですが、

 引っ越しの1か月前に妻が亡くなったので、一人で越して来ました。」

「下の建物は、<お御堂>っていうんですが、キリスト教徒の礼拝所です。

 2人ともクリスチャンで、あれを作るのが妻の希望だったんです。今となっては

 私にとってお御堂は妻そのものです。」

「今晩よろしかったら晩御飯をご一緒していただけませんか。一人の食事は

 味気ないものですから。」

 

そうと聞いては拒否する理由はありません。ゴルフの後、食材を買い込んで

再訪し、痛飲しながら会食しました。

ついでに、下着やタオルを収納するチェストを受注しちゃいました。

 

事件3.

 

到着3日目は観光デー。この日も朝から雨。観光ったって、大概行きつくしたんで

遅めの昼を食べて早々に宿舎に帰って一杯(いっぱい?)飲もうっていうので2時過ぎに

帰還。荷物を置いていた部屋がまたも雨漏り。幸いバッグが濡れただけで済んだんですが、

嫌になってしまいます。

「あのね、また別の所から雨漏りなのよ。幸いベッドルームに何とか4人寝られるんで

 良いんだけど、早く直した方が良いよ。雨漏りは電灯を伝って水が落ちてるんで、

 漏電が怖いよね。」

「それでしたら、私共の方で代わりの宿を手配しますので、宿替えをお願いできませんか?

 今日の宿泊は不泊扱いにさせていただき、最初の2泊分は半額にさせていただきます。」

「宿の手配が出来ました。5キロほど離れたところなんですが。」

「5キロ?4人とも酒を飲んでるのにどうやって移動するの?飲酒で捕まったら150万ぐらいは

 取られるよ。そんな金お宅じゃふたんできないでしょ。

 100mぐらい離れたところに宿があるんで、今からこっちで交渉してOKなら

 そこに移動しても良い?宿泊費は後で降り込んでくれたらいいよ。」

「代金にもよりますし、私一人では決済できませんので、後程電話いただけますか。」

「あのねえ、一人¥3,800で泊めるって。どうする?」

「結構です。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。」

来るときにホテルの場所がわからなくて、小ぎれいな民宿兼カフェで教えてもらったんですが、

次来るときは断然こっちだよねって話していたところに泊まれちゃいました。

結局1泊分の代金で3泊出来たっていう、夢みたいなお話でした。

 

      まだまだ続くんですが、長くなってしまうので今日はこの辺で。

 

 

【2018.04.23 Monday 22:18】 author : OYA-G | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/630
トラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP