OYA-Gの木工狂躁曲

タイトルは誤字・誤植ではありません。
こんな気分なんです。
<< チェスト完成前夜 | main | 重要なお知らせ >>
チェスト完成。木工休養宣言

完成したチェストの写真です。

DSCN0758.JPG

2~3日中に「家財宅急便」で沖縄に送ります。

ウオークインクローゼット内に設けられた床から90センチほどの

仕切り床の上に置く想定ですので、ほぼ目線位置からの撮影です。

右の開き扉の鏡板が、他に比べて若干色が濃いのですが、木取りの

時綺麗な杢が出ていたのを発見し、どうしても使いたくてこうなりました。

板矧ぎ部分に極くうっすらとシラタ部分が見えています。両サイドの嵌めこみ

部分に逃がす手もあったんですが、アクセントとしてわざと中央部分に

来るような配置にしてみました。

 

工房奥の和室に移動してから2日目ですが、下の扉が少し動いて框に干渉しています。

エアコンの効いた工房からこの位置に移動し、湿度の影響を受けた様です。

出荷直前に再調整します。

DSCN0762.JPG

少し斜めの角度から。

DSCN0759.JPG

最上段に設けた棚部分。背板は全面でなく、上下に隙間を設けて風が通るように

しました。

鍵は施主様の要望で付けましたが、取り付け位置の細工に随分頭を悩ませてしまいました。

縦挽き鋸を使っていて怪我をした時、この部分の加工方法を考えてたんです。

設計図上では右側の引き出しにあったはずだって?

鍵の金具受けの穴あけの時の墨付けで間違えただけです。組み付けの時気づいたんですが、

時すでに遅し。引き出しの鏡板の加工を後回しにしておいて良かったです。

スミマセヌスミマセヌ。

引き出しの取っ手がちょっと大げさ?もう2mm程華奢にしても良かったかしら?

 

DSCN0763.JPG

下2杯の大きい方の引き出しはフルオープンタイプの3段引きレールで

取り付けてあります。当然取り外し可能タイプ。

取り付けの時の手間が掛からないのと、不具合があった時の修理を考えると

ワタクシ的には絶対このタイプですね。

以前に取り外しのできないタイプを使って苦労しましたもの。

 

DSCN0761.JPG

付属の棚BOXの内部です。棚板はただ単にポンと置いてあるだけ。

扉のキャッチの受け側は超低頭ビスです。キャッチの具合が悪くなったら

このビスの出具合を調節してくださいませ。

 

ちょどこの写真を撮っていた時、近所のおばちゃん(というか老婆かな)が覗いて

「ちょっと仏壇みたいな感じ」って仰いました。

まさに言い得て妙、そういう印象になることを念頭に置いていたのですから。

構想時に頭に浮かんでいたのは、首里城本殿の裏にある王家の御殿(公開されていて、

幾らか払えば座敷でお茶を飲ませてもらえます。)の内装の雰囲気、あるいは

琉球古民家の表座敷の正面に組み込まれた仏壇のイメージなんですから。

 

今までとは少し異なったイメージで、どっしりと落ち着いた雰囲気にしたかったのですが

如何でしょうか?

自分ではかなり満足のいくものになったと思っているのですが・・・・。

 

ところでタイトルの「木工休養宣言」って?

いえね、急ぎの注文が途絶えたって事もあるんですが、修行中の漆と竹細工の方の

進捗が思わしくなくて、ここらで思い切って木工を休止し、そっちを集中的にやらなければ

何時まで経っても初心者の域から脱出できないと思い、2か月ほど木工を休んで

漆と竹細工中心にしようかと思うんです。

「いつになるかわからんよ」って注文は残ってるんですが、今まで待って貰ったんだから

良かろうかと勝手に考えておる次第であります。

いえ、決して逃げてる訳じゃあないんですよ。目途が付き次第復帰します!!

 

 

【2018.07.02 Monday 08:08】 author : OYA-G | 作品 | comments(4) | trackbacks(0) | -
コメント
ありゃまあ、WAKUさんじゃないですか。
お元気でしたか?こちらこそご無沙汰してます。
見てくれていたんですね。
木工復帰?しますします。
今竹と漆に特化してるのは、一度は壁を越えておかないとっていう一念です。
ほら、刃物の研ぎと同じですよ。
本業??は飽く迄木工ですから。
【2018/07/31 7:33 AM】 OYA-G |
ご無沙汰してます。

ハードメイプルのチェスト、イイです。
右の開き扉の鏡板、木の弱点を活かす試みも楽しいですな。
節とか、入れたいけど、勇気いりますね。

漆と竹細工と木工、一つでも大変ですので、多忙ぶりがわかります。

私も小物中心に数作って頑張ってます。
また、木工に戻ってね。
【2018/07/31 1:11 AM】 craft WAKU |
塗装は木固めエースと蜜蝋オイルです。木固めエースだけだと、吸い込みムラによる光沢のムラが残ってしまいます。最近は専らこのやり方ですね。
材はチェリーじゃなく、ハードメイプルです。
チェストの方は断固アウトセットって思っていまして、扉の方は随分悩みました。
最終的に単体としての落ち着きを優先しましたが、やはり変だったでしょうか?
【2018/07/05 7:54 AM】 OYA-G |
塗料は木固めエースの類でしょうか?
オスモなどのオイルに較べて濡れ色にならない
のでしょうか?
塗装後のチェリーにしてはちょっと白っぽい
感じですね。
扉がインセットだったら引き出しもインセット
でしょうか、個人的には。
【2018/07/03 9:25 AM】 acanthogobius |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://marichakoo.jugem.jp/trackback/638
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
入場者数
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP